スケジュール管理は生産性を高める手段になります

バナー

スケジュール管理は生産性を高める手段になります

組織にとって一人ひとりのスケジュールを管理するということは、企業全体の生産性を高めることになります。

管理をするという意味は、いろいろな物事に使われますが、スケジュールを管理するという意味は、1,000人の従業員がいる会社においても、一人ひとりが一日・一週間・月間にどこで、何を行うのかを管理するということです。

かつては、人数が多い組織の場合は縦割りにして、5人から7人を一グループとして係長を上司として任命し、係長を3名受け持つ課長職を作りました。そうして、その上に部長を設けて上司が部下を管理し指導するというものでした。



ところが、今は縦割りでは時代の流れに対応できないため、トップとワーカーの間を減らして、横割りの組織が主流になっております。そのために、全従業員のスケジュールなどは誰でも見られる共有の情報となるソフトが開発されています。
特に、全国展開をしている会社や営業が主体である会社では、ソフトの作り方もオリジナルで作成し使い勝手の良いものが利用されております。



パソコンが小さくなり、持ち運びができ、情報を通信で流せるために、いつでもどこからでも情報を流せるのが便利です。
情報が共有できることで、上司との同行をスケジュール調整するのに重宝されています。

NAVERまとめ使いやすさが好評です。

また、情報を共有するとはいっても、すべてがオープンでは他社に情報が洩れる恐れもあります。そのために、上司だけが閲覧出来る仕組みなどにも対応しています。